大分県中津市弁護士  お気軽にご相談ください。

トップ  > ●弁護士のつぶやき  > No. 50~大雪とセンター試験~|大分県中津市弁護士中山知康

大分県中津市の弁護士法人中山知康法律事務所のホームページへようこそ

日ごろ直面するさまざまな
トラブル、まずはご相談下さい。
 
お電話でご予約
 0979-23-0239                                   
月~金曜日(日祝祭日を除く)         前9時から午後5時まで
お気軽にお電話下さい。

出張相談あります              入院中であるなど、ご高齢や体調により来所が困難な場合は出張相談(要出張費)もいたしております。


※足のお悪い方は一階の相談室をご用意いたしますので、ご予約の時にお申し付けください。 


 
 
 お問い合わせ先

 弁護士法人
 中山知康法律事務所

 〒 871-0053
 大分県中津市古魚町1659番地1

 電話:0979‐23‐0239

 

No. 50~大雪とセンター試験~|大分県中津市弁護士中山知康



 今年も大雪が降りました。

一昨年の2月にも、「大雪と断水と水道管」というタイトルでブログを書きましたが、各地で車の立ち往生や電車の遅延、さらには転倒によって負傷者も発生したらしく、大雪関連のニュースが飛び込んできています。

なかでも、新潟県内でJR線が一晩線路で停止し、乗客も車内で一晩を明かしたというニュースは、日ごろから電車をよく利用して大分市や福岡市などに出張する機会の多い私にとっても、身近な問題です。というのも、一昨日、夕方から大分市内で打合せがあり、その後、友人と一緒に食事をしたのですが、一昨日の時点でも翌朝には雪が積もる可能性が指摘されていましたので、場合によっては、終電だと電車が動いていないのではないかと帰りの電車が気になって仕方がなかったからです。

昨日、電車内で一晩過ごした乗客の中には、明日から実施されるセンター試験を受験する生徒もいたとのことですので、体調を崩していないか、一晩勉強できなかったことで余計な焦りなどを生じていないかと心配ですが、この際、開き直って明日からの本番で実力を出し切れるよう祈っています。

私個人の経験ですが、試験勉強は、試験直前まで教科書や参考書とにらめっこしたからといって、即効性のあるものでもないと思います。むしろ、試験直前期は、それまで勉強してきたこと、特に間違いやすい問題を見直したりする程度にして頭を休めた方が、試験の際に実力を発揮できるのではないかと思うのです。おそらく、試験直前にいろいろと手を出すことで、かえって不安になったり、焦りを生じたりするので、私個人としては、泰然自若というか、気持ちを落ち着け、リラックスした方が良い結果が出るのではないかと思っているのです。

ですから、今回電車に閉じ込められた生徒たちにも、今日は、疲れた体と頭をゆっくり休めて、明日から実力を出し切ってほしいと祈っています。

ところで、日本では4月が年度初めとされ、新学期も4月からですので、大学受験がこの時期になるのはやむを得ないとも思うのですが、他方で、毎年この時期、天候の影響で交通網も乱れ、センター試験に影響するというニュースを耳にします。特に地方に住んでいる高校生などにとっては、センター試験が実施される場所までの距離は都市部とは比較にならないくらい遠く、朝早くから電車などに乗らなければそもそもセンター試験に間に合わないため、電車の遅延などは受験に即影響することが多いと思います。もちろん、余裕があれば、前泊して試験に備えることも可能なのですが、家庭によっては必ずしも前泊させられるほどの余裕がないことも少なくはないと思います。

そうだとすれば、試験時期をずらすことは必ずしも容易ではないとしても、受験会場を地方でももっと増やしたり、受験会場を選択できるような制度設計を考えてもいいのではないでしょうか。例えば、県庁所在地やその周辺の大学に限定するのではなく、受験できる地域を増やしたり、場合によっては県境を越えて、自宅からより近い受験会場を選べるような制度もあってもいいのではないかと思うのです。

多くの受験生に影響する問題ではありますが、少しでも居住地による不利益を除去し、かつ、天候などに左右されずに受験に励めるような環境整備をお願いしたいと思います。

(2018.1.12)