大分県中津市弁護士  お気軽にご相談ください。

トップ  > ●弁護士のつぶやき  > No. 35 ~久しぶりの母校~|大分県中津市弁護士中山知康

大分県中津市の弁護士法人中山知康法律事務所のホームページへようこそ

日ごろ直面するさまざまな
トラブル、まずはご相談下さい。
 
お電話でご予約
 0979-23-0239                                   
月~金曜日(日祝祭日を除く)         前9時から午後5時まで
お気軽にお電話下さい。

出張相談あります              入院中であるなど、ご高齢や体調により来所が困難な場合は出張相談(要出張費)もいたしております。


※足のお悪い方は一階の相談室をご用意いたしますので、ご予約の時にお申し付けください。 


 
 
 お問い合わせ先

 弁護士法人
 中山知康法律事務所

 〒 871-0053
 大分県中津市古魚町1659番地1

 電話:0979‐23‐0239

 

No. 35 ~久しぶりの母校~|大分県中津市弁護士中山知康

 先週、約20年ぶりに母校である早稲田大学本部キャンパスに行ってきました。

 私自身の用事というより、高校生の長女がある大学(残念ながら早稲田大学ではありません。)のオープンキャンパスに行くというので一緒に上京し、早稲田大学の敷地内にあるリーガロイヤルホテルに泊まることになったので、散歩がてら早稲田大学本部キャンパスを歩いてみたのです。

 久しぶりに行ってみて驚いたのは、かつての古びた校舎のほとんどが建て替えられて、立派なビルに変わっていたことです。もともと理工学部のキャンパスはビルばかりでしたが、私が在学していた頃の本部キャンパスの校舎は、法学部である8号館を含めてほとんどがビルではなく、8号館は4階建ての建物でしかありませんでした。また、建物自体も古くさく、よく言えばレトロ、悪く言えばオンボロといった感じでしたが、現在は、新しく、きれいで、セキュリティとか冷暖房も完備した、現代的で高効率な建物になっていました。少しばかりノスタルジーを感じたかった私としては、誠に勝手な感想ではありますが、残念だと思ってしまいました。

 しかし、考えてみれば、私が卒業したのは平成3年ですから、既に四半世紀以上の時間が経っています。いろいろ変わっていて当たり前ですし、この間に近代的な図書館やオープンでおしゃれなカフェテリアなど、学生のための設備や環境が整備充実されたことは、母校が衰退も立ち止まりもせずに、発展し続けていることの証ですので、嬉しくも頼もしくもなりました。

 今後も卒業生の一人として母校の名に恥じないように、そして、数多くの先輩方が培ってくれた母校の伝統、文化、そして名声の恩恵を実際に享受した者の一人として、少しでも実社会でお役に立つことで恩返しが出来ればと改めて思った次第です。

(2017.8.7)